ポロ・ピアッティ(POLO PIATTI)


作曲家
数々の受賞歴に輝くアルゼンチン出身英国在住のポロ・ピアッティは、しばしば「最後のロマン派」と呼ばれており、クラシック(芸術)音楽の創作、演奏、そしてその世界的な普及に邁進する数少ない優れた音楽家の一人です。ピアッティは、「美しく、親しみやすい」音楽だけが深くポジティブな感情を呼び覚まし、より良き世界のために多大な貢献ができると固く信じています。その作品は世界中で演奏されており、ヨーロッパ、アジア、南アメリカで自作の演奏旅行を行っています。そして、若い頃より革新的なピアノのクラシック即興奏法の開拓者として国際的に知られています。英国王立音楽家協会、英国ソングライター・作曲家・作家アカデミー、および英国作曲家会議各会員。(下記「活動歴、受賞歴」参照)


ブエノスアイレス生まれのポロ・ピアッティは3歳でピアノを始め、早くからコンサート・ピアニストとして成功を収めました。通常18歳で入学する南米で最も権威のあるアルゼンチン国立カルロス・ロペス・ブチャルド音楽院に12歳で入学を許され、音楽教師の国家資格を得て卒業。国際的なキャリアを積むためパリとベルリンで勉強を続けた後、ロンドンで作曲家・ピアニスト・指揮者として活躍しています。新しいロマン派の作曲家として著名なピアッティは、コンサートのみならず、多数の演劇、映画、ダンス、インスタレーションの為の作曲や編曲も行っており、その作品は感情豊かで、刺激と情熱に溢れるものとして広く認められています。


2012年、ピアッティは調性に基づくメロディックで親しみやすいクラシック音楽を発信するため、世界各国からこの趣旨に賛同する作曲家を招聘し、音楽界初の試みとなるInternational Composers Festival(国際作曲家音楽祭)を創設しました。また同年、ヘイスティングス・シンフォニア(管弦楽団)を組織し芸術監督となりました。近年、ピアッティは2つの大作、Musica Sacra協会の委嘱によるオラトリオ『リベラ・ノス(われらを自由に)』とピアノ協奏曲第1番『ボヘミアン・コンチェルト』を完成させました。この協奏曲は2019年10月アメリカ、ヴァージニア・ビーチにてトーマス・パンドルフィのピアノ、ダニエル・ブース指揮の管弦楽団によって初演される予定です。またSeafront Recordsからリリースされ好評を博している最新のCD、『センチメンタル・ジャーニー』は自身のピアノと指揮により大阪で初演した組曲を、後にプラハ市フィルハーモニー管弦楽団とレコーディングしたものです。


2016年、エリザベス女王即位60周年を祝賀する作品の委嘱を受け、『気高い任務 (Duty Sublime)』を作曲、英国内外のオーケストラで演奏されています。2017年には、誰もが気軽に最高の芸術に親しむことができるよう、ヘイスティングスに700席のコンサート・ホールを開設し、『オーパス・シアター』と命名しました。現在は、初めての大規模なオペラとピアノ協奏曲第2番、および世界中の音楽家や団体から委嘱を受けた作品に取り組んでいます。また、ヘイスティングスでClassicUsというイベントを定期的に開催し、とてもくつろいだ雰囲気の中で様々なゲストと現代の芸術やクラシック音楽について語り合ったり、新作の演奏を行ったりしています。
 


活動歴
* Founder & Artistic Director, International Composers Festival, England, UK
* Founder & Artistic Director, Hastings Sinfonia Orchestra, England, UK
* Director of Music, World Centre of Performing Arts, England, UK
* Director of ClassicUs, England, UK
* Founder & Conductor, London Latin-American Choir, London, UK
* Director of Opus Theatre, England, UK
* Pianist & Head of Music, Italia Conti Academy of Theatre Arts, London
* Musical Director, Forum Theatre, Stuttgart
* Full Member, British Music Writers Council, London, UK
* Full Member, Performing Artists Media Rights Association, UK
* Official Exams Pianist, Imperial Society of Teachers of Dance (ISTD), London, UK
* Co-Founder & Head of Music, Freie Kleintheaterschule, Stuttgart, Germany
* Founder & Director of The First Improvisations Choir, Stuttgart, Germany
* Co-Founder of the Imaginism Contemporary Arts Project, Germany
* Vice-Chairman, Latin-America in Newham Group, London, UK
* Music Consultant, National Assessment Board (NAB), London, UK

受賞歴
- Winner 'Arrow FM Gold Award' for services to music & the community, Sussex, UK
- First Prize Best Young Pianist, Conservatorio Grassi, Buenos Aires, Argentina
- Winner, Yearly Sponsorship For The Arts, Landes-Wurttemberg Bank, Germany
- South Germany Kleintheater Prize: Best Music for a Play for 'Peer Gynt', Stuttgart, Germany
* Winner, Saccente Young Conductor Scholarship, Coral Femenino San Justo, Buenos Aires, Argentina
* Member Royal Society of Musicians of Great Britain, London, UK
* Member British Music Collection, London, UK
* Professional Member of BASCA, UK
* Full Member of PRS For Music, UK
* Composer In Residence St Mary In The Castle, Hastings, UK
* International Who's Who in Music (Classical), IBC, Cambridge, UK
* Composer In Residence, Forum Theatre, Stuttgart, Germany
* Arts & Entertainment Officer & Committee Member, Hastings Winkle Club
- Patron, 'Hastings Tango Club and 'Brownbread Horse Rescue', Battle, UK

 

師事した作曲家、教師、及びコラボレーター
Composers and Tutors: Carlos Guastavino, Angel Lasala, Héctor Iglesias Villoud, Roberto García Morillo, Astor Piazzolla, Nelida Molinari, Juan Pedro Franze, Alicia Terzian, Mario Garcia Acevedo, Alicia Pes
Conductors: Roberto Saccente, John Andrews, Derek Carden
Choreographers & Dancers: Martina Mars, Yuri Grigorovitch, prima ballerina Natalia Besstmertnova
Musicians, Singers & Poets: Frieder Noegge, Roy Apps, John Brindley
Artists: Didier Bay, Günther Liershof
and many others

Translated into Japanese by Nobuya Monta (Composer and Critic)
日本語訳:門田展弥(作曲家、音楽評論家、Nmonta@aol.com)